鉱物由来のケイ素と植物由来のケイ素の違い

ケイ素は地球の構成元素の主要な物質でシリカとも呼ばれ、地球上で酸素に次ぎ2番目に多い元素です。
シリカはケイ素が酸化した状態、つまり二酸化ケイ素のことを指しますが、
すべてのケイ素の成分を、状態にかかわらずにシリカと呼ぶことがあり、慣用的にケイ素の別名としてシリカと呼ばれています。

 

ケイ素は地殻に多く存在し、鉱物の構成要素で、鉱物由来の結晶性と植物由来の非結晶性が存在しています。

 

安全性

植物由来の非結晶性ケイ素は、世界保健機関(WHO)でも安全性が認証されています。

 

世界保健機関の付属機関の国際ガン研究機構(IRAC)で、植物由来の非結晶性ケイ素は、
発ガン性のある物質には属さないグループに分類されています。

 

一方で、国際ガン研究機構(IRAC)は、石英結晶(Silica,crystalline)は発ガン性がある物質としてタバコ、ビール、ワイン等のアルコールやX線照射、太陽光曝露(紫外線)と同様のグループ1に分類しています。
ただし、これはcrystalline粉塵の吸引により起きる発ガンの可能性を示しています。

 

crystalline粉塵の吸引とは、たとえば鉱山で働く人が、大量に粉塵、鉱物の粉を吸入した場合の発ガン性の可能性を指しています。
石英とは二酸化ケイ素(シリカ)が結晶した鉱物で、その無色透明なものが水晶です。

 

少しややこしいですが、これは、結晶性ケイ素に発ガン性があるということで、
鉱物由来すべてが危険なのではなく、鉱物由来の結晶性ケイ素に発がん性がある、
従って、鉱物由来の水溶性ケイ素には発ガン性、及び毒性はありません。

 

使用の認可

植物由来の非結晶性ケイ素は食品添加物としての使用が厚生労働省より認可されていますが、
鉱物由来の結晶性ケイ素は食品として認められておらず、食品添加物としての使用も認められていません。

 

ケイ素の吸収率

植物由来の非結晶性ケイ素の粒子の大きさは、鉱物由来の結晶性ケイ素の粒子の大きさの60分の1以下です。
この粒子の大きさの違いは、吸収率の違いに現われます。

 

植物由来の非結晶性ケイ素の非常に細かい粒子は、人体への吸収率が特に優れています。


栄養素の吸収率

ケイ素は、粒子の表面にある微細な空洞に、栄養成分や不要物をくっつけ、
体中をまわって栄養素を細胞に届け、不要物を排出しています。
植物由来の非結晶性ケイ素は、この空洞が無数にある多孔質で、表面積は鉱物由来の結晶性ケイ素の約100倍以上あり、栄養素及び不要物の吸着性と不要物の排出効果に優れています。そしてその空洞は最も細かいマイクロ孔です。
従って、植物由来の非結晶性ケイ素は、栄養素の吸収率が高いのです。

 

製造方法

鉱物由来の結晶性ケイ素

鉱物由来の結晶性ケイ素は、約2000℃もの高温で水晶石を8時間以上かけ濃縮、溶解し、ガス化した成分を回収し、不要物を処理した後、結晶したケイ素が作られます。

 

植物由来の非結晶性ケイ素

植物由来の非結晶性ケイ素は、お米のモミガラによるケイ素が代表的です。
お米のモミガラは多くのケイ素を含んでおり、モミガラを燃焼させケイ素を抽出します。

関連ページ

水溶性ケイ素でパーキンソン病が改善したという事例
最近、水溶性ケイ素でパーキンソン病が改善したという報告が多くみられるようになりました。パーキンソン病がケイ素で改善する理由とその仕組みについてご説明しましょう。
ケイ素の美肌効果に男がメロメロ!うざい、近寄るな!
シリカ水の効果の一つとして美肌効果があります。内面から美しくなるのです。
ケイ素を取入れることにより体臭、口臭を減らすことができる!
水溶性ケイ素には、腸内の免疫力を強め、体臭、加齢臭などの嫌な臭いの発生を抑えます。ケイ素を体の内外から取入れることにより、体臭、口臭を減らすことができるのです。
不安神経症やパニック障害がケイ素摂取で改善するってホント?
ケイ素は、精神を安定させる働きのあるセロトニンを分泌する松果体の主成分です。従って、ケイ素は不安神経症改善の可能性を持つ物質であると言うのです。
不整脈の薬物治療や手術をする前にケイ素を試してみてはどう?
ケイ素は活性酸素によりダメージを受けた細胞を回復させ、活性酸素を除去し、 酸化を食い止めることにより、間接的に不整脈などの心疾患を防ぐ働きをするのです。
ケイ素は食品から摂ろう!ケイ素豊富な食べ物たち☆
ケイ素は食品として摂取するのが基本ですが、どのような食品に多く含まれているのでしょうか?ケイ素を豊富に含む食べ物を見ていきたいと思います。
しわ、しみ、たるみ解消にケイ素を摂りましょう!
ケイ素は体内の環境を整え、傷つけられた細胞の修復の手助けをし、しわ、しみ、たるみ解消に役立つというのです。
むくみ解消の鍵を握るケイ素!そのメカニズムとは?
ケイ素はむくみの解消に役立ちます。なぜかと言うとむくみの原因である水分の滞りを解消できるからです。
【安全なケイ素と危険なケイ素】どのようなケイ素が危険なのか?
ケイ素の中には安全だと認められているものがありますが、その一方で、危険なケイ素も存在しています。どのようなケイ素が危険なのでしょうか?
ケイ素が認知症の予防改善になるってホント?
ケイ素を摂取することにより、活性酸素を除去し、脳神経細胞の修復が期待できるので、認知症の予防、進行を遅らせることが可能になります。
糖尿病予防改善にケイ素ってまだ知らないの?
糖尿病は非常に患者数の多い生活習慣病のひとつです。その糖尿病の予防改善にケイ素が効果的であることがわかってきました。
警告!ケイ素が不足すると薄毛ハゲになる!ケイ素で薄毛改善!
ケイ素が不足すると血管の弾力がなくなり、毛母細胞に栄養を補給する毛細血管に血液が十分にいかず、その結果、薄毛になりやすくなります。
ケイ素で不眠症が解消されるってホント?!
ケイ素を摂取することで最終的には夜の寝つきの悪さが解消されます。そして朝の目覚めもてきめんに良くなる。つまりそれは不眠症の解消につながるというわけです。
ケイ素摂取で骨粗鬆症のリスクが低減することが判明!
アメリカで行われた研究でケイ素の摂取により、骨粗鬆症のリスクが低くなるという事が判明しました。
リウマチ改善のためにケイ素が果たす役割とは
様々な健康効果のあるケイ素は、リウマチの改善にも効果的だと言われています。リウマチの改善のためにケイ素がどのような役割を果たしているのかについて解説していきます。
水溶性ケイ素は女性に多い貧血も改善できるってホント?!
ケイ素は体内に不足しているコラーゲンなどの結合組織に保湿効果や骨のカルシウム吸着に関与するため、鉄不足に対しケイ素が鉄の吸収のお手伝いをする役目があります。
ケイ素で白髪が黒くなる?!【黒髪を復活させる魔法の成分】
頭皮の細胞を活性化させ、白髪になるのを防いだり、黒髪を復活させる、魔法のような成分『ケイ素』について紹介します。
血液をサラサラにするケイ素の働き!サラバ!どろどろ血液
ケイ素には、ドロドロ血液をサラサラにする効果があるって知っていましたか?
過剰摂取は危険?シリカ水の安全性を検証してみました!
シリカ水の過剰摂取による害とは、どのようなものがあるのでしょうか?
知っておきたい!ケイ素の驚くべき抗酸化力!
活性酸素は人間のからだの老化や病気の原因となります。この活性酸素を抑える役割を持っているのがケイ素なのです。
頭痛を緩和するケイ素の働きをまだ知らないの?
実は医療現場や健康食品業界などで今注目されているケイ素には、頭痛を緩和する働きも期待できます。今回は、ケイ素が頭痛を改善するメカニズムについてお伝えいたします。

このページの先頭へ戻る